連続講座
陽楽の森から考える
新常態〈 ニューノーマル 〉の輪郭

第10回
2023.3.18 土 【日程変更】

撤退学との対話-もう一軸を立てるために

堀田 新五郎

政治思想史/奈良県立大学地域創造学部教授、地域創造研究センター長。
東京都出身。京都大学法学部卒業。神戸大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得後退学。

『撤退論』(共編著・晶文社・2922)、「撤退学宣言Ⅱ(解決編)-ホモ・サピエンスよ、その名に値するまであと一歩だ」(『地域創造学研究』52号・2022)、「撤退学宣言Ⅰ(問題編)-ホモ・サピエンスよ、その名に値するまであと一歩だ」(『地域創造学研究』50号・2021)、「知性と反知性-ソクラテスとサルトルを起点に」(『政治思想研究』2020)、『講義 政治思想と文学』(共編著・ナカニシヤ出版・2017)

地域創造研究センター https://narapu-rcrc.jp

谷 茂則

チーム「めだか」代表、(一社)大和森林管理協会理事、(株)谷林業代表取締役、(一社)地域未来エネルギー奈良理事、(特非)奈良ストップ温暖化の会理事、(一社)文化遺産を未来につなぐ森づくり会議理事。
奈良県出身。吉野林業・谷家14代目。

大和森林管理協会 https://www.yamato-kyo.net

堀田新五郎さんは、政治思想がご専門です。新たな地域創造に向けて、県立大学という社会的役割をもふまえて、「撤退学宣言」を著しました。すなわち、急激な人口減少、地方消滅、未曾有の財政赤字、年金崩壊、環境激変という状況を前にして、これまでの価値観や生のスタイルを根本的に改めない限りは破局的な事態が訪れるに違いない。そのような不安を誰もが抱えているにもかかわらず、「慣性の力学」から逃れられずにいる。戦前・戦中の状況、そして現代の東日本大震災にともなう東京電力原子力発電所事故後の状況、いずれをとっても「撤退」できないことから生ずる構造的破局であり悲劇である。いまこそ求められるのは、近代的な分析知性から撤退的な知性へのターン、知の構造転換であると(「撤退学宣言」より)。

この「撤退学宣言」に呼応するものとして、第1回でとりあげた「植物の生長に依拠した社会発展もしくは文明」の構想が位置づけられるでしょう。このような問題関心にもとづき、連続講座第1期のエンディング第10回では、「撤退学との対話」をおこないます。本プロジェクトからは、プロジェクト代表の谷茂則さんが応じます。

第10回のポイント

最終回では、「撤退学」との対話をつうじて「植物の生長に依拠した社会発展もしくは文明」が具体的にどのような構想に結びつくのか、「もう一軸を立てる」というキーワードで語られることについてイメージ豊かに共有していきます。それは「陽楽の森」を会場とした「チャイムの鳴る森」の奥にあること、その先の構想を浮き彫りにしていくことになるでしょう。同時に「撤退学」にとっても、いくつかの可能性の一つとして、手がかりとなるでしょう。

会場参加申込
(当日、会場でも受付ますが、事前にお申込をお願いします)

会場参加の方は、下のボタンから、お申込みください。
[Googleフォームにつながります]
・この申込フォームは、会場参加の方のみを対象としています。
・参加費は、当日、受付にてお支払い下さい。
・電話やメールでのお問い合わせにも対応しますので、ご遠慮なくご連絡下さい。

オンライン参加申込=チケット購入

オンライン参加の方は、下のボタンから、チケットをご購入下さい。
[Peatixにつながります]
・Peatixでは、複数回まとめての支払いも可能です。

オンライン参加申込=チケット購入

オンライン参加の方は、下のボタンから、チケットをご購入下さい。
[Peatixにつながります]
・Peatixでは、複数回まとめての支払いも可能です。