陽楽の森通信

陽楽の森通信とは

「陽楽の森」の物語を紡ぎます。そして、森の中に吹く風にのって、紡がれた物語は街へと広がっていくでしょう。
A4サイズ・8ページもの。無料です。年2回発刊(創刊号2022年6月発刊、第2号2022年11月発刊予定)

「陽楽の森」KUBERU(薪ストーブ)オフィスで入手できます。
バックナンバーは、発刊間隔にあわせて、このWEBサイトに掲載します(ダウンロードできます)。

バックナンバー

vol.01 2022. MAY

陽楽の森通信Vol.1

『陽楽の森通信』第2号を発刊しました!

【目次】
鈴木ゴリ宣仁 「ひとりひとりに それぞれのフツウ」
「陽楽の森づくりの仲間たち 前田駿介さん」
伊藤ふくお 「貴重な里山・陽楽の森」
「KUBERU 薪づくり・薪ストーブのショールーム」
谷 茂則 「陽楽の森の目指すところ」


ご希望の方は、本WEBサイトのお問い合わせ欄にその旨お伝え下さい。
(WEB版は、準備ができたらご紹介させていただきます)

 

(2022.11.23更新)

vol.01 2022. MAY

陽楽の森通信Vol.1

創刊号を発刊しました。
PDF版のダウンロード または 画像版にてご覧ください。

【目次】
伊藤 立平 (伊藤立平建築設計事務所)「『町中の自然』へのあたらしい眼差し」
家中  茂 (鳥取大学地域学部)   「コモンズについて」
田村ヒロシ ((株)青春)       「チャイムの鳴る森」
谷  茂則 ((一社)大和森林管理協会)「陽楽の森を開く」



(2022.8.4更新)

陽楽の森通信Vol.1
陽楽の森通信Vol.1
陽楽の森通信Vol.1
陽楽の森通信Vol.1
陽楽の森通信Vol.1
本WEBサイトは、トヨタ財団2021年度国内助成プログラム
[新常態における新たな着想に基づく自治型社会の推進/2)地域社会を支える共創によるプラットフォームの創出や整備]
「都市に取り残された森の多世代・多分野共創によるプラットフォームとしての再構築」による